2009年03月27日

『イルカと、海へ還る日』ジャック・マイヨール

 ハワイ島の沖、水深1000mの海で泳いだことがある。遥かにハワイ島が見えるだけで、周りには何もない。クルーザーが1隻、私たちをのせて海原を滑ってきた。エンジンを止めると、そこは波の音と渡る風の囁き以外に何もない。
 海底は見えるはずもなく、ただコバルトブルーのみの世界だ。わずかに潜ると、上も下も、右も左も、薄いコバルト色に包まれる。陽光に反射したようだ。水底に自分の影がうっすらと現れる。後光もさしている。まるでブロッケン現象だ。自分があんな深い所にいる。
 12月とはいえ、さほど冷たくもなく、海中ではゆったりとした気分を味わえた。水が妙に馴染んでいる。驚くほど、しなやかに泳げた。このまま、ずっと漂っていたい。不思議な感覚だった。

 映画『ル・グラン・ブルー』(1988年、リュック・ベッソン監督)といえば、ジャック・マイヨールをモデルにした作品としてあまりにも有名だ。閉息潜水の神様とまで云われたジャックは、1927年上海生まれ。幼少の頃は、毎年の夏休みを日本の唐津で過ごしている。そこで初めてイルカに出会った。『イルカと、海へ還る日』(関邦博・訳、講談社)によると、10歳の時に、群れのなかの1頭が寄ってきて、ジャック少年に興味を示したという。むろんジャックもイルカに魅かれた。親愛の情でいっぱいになり、彼らを仲間と思うようになったという。

 その後、北極のイヌイットたちとの生活やマイアミ水族館でのイルカたちとの仕事を経て、やがてフリーダイビング(素潜り)を勧められその世界へ。エンゾ・マイオルカ(1931−)との潜水世界記録の熾烈な戦いは今では神話にとなっている。
 1970年9月11日には、静岡県伊東市富戸沖で当時の世界記録76mをマーク。実際には80mに達していたものの、標識盤が引っ掛かりかろうじて76mの盤をつかんで浮上したという。そして76年11月23日には、ついに前人未到の水深100mという記録を打ち立てる。何とこのとき、彼は49歳であった。その後の彼の活躍はわざわざここで紹介するまでもないだろう。

 『イルカと、海へ還る日』の原題は『HOMO DELPHINUS』。いわば“ヒトイルカ”である。ヒトはイルカのように水棲能力を持っている。そしてイルカとコミュニケーションもできる。
 「そこにはブルー(青)しかない。私の体は、重い水の塊にのしかかられ、しだいにまわりのブルーに溶けていくようだった。上も下も左も右も、すべてが同じブルーに包まれる深海である。それを私たちは『グラン・ブルー』と呼ぶ。太古の昔、人間の祖先が住んでいたであろう世界だ。そこには風もなく、太陽の輝きもない。ただ奇妙な感覚だけが、私の体に伝わってくる。」
 イルカのように、しなやかに、自由に、グラン・ブルーを泳ぎたい。それがジャック・マイヨールの夢だった。

 『HOMO DELPHINUS』はその部分訳が雑誌に掲載されたことがある。そのときの雑誌の編集責任者が私だった。
 どのような導きなのか、私は今、富戸に住んでいる。そう、彼が世界記録を打ち立てた場所だ。キラキラと眩しく光るその海を眺めながら、この文章を書いている。
 今日の海は、穏やかだ。


【今回紹介した本】
『イルカと、海へ還る日』ジャック・マイヨール(関邦博・訳)
1993年2月8日 第1刷発行
1996年3月21日 第15刷発行
¥1,748(税別)(当時)

【著者資料】ジャック・マイヨール
1927年、上海に生まれる。
1966年、39歳のとき、水深60mのフリーダイビングに成功。
以後、この世界の第一人者的な存在となる。
2001年、死去。


イルカと、海へ還る日.jpg
posted by 蛇崩緑堂 at 10:25| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
ないものはない!お買い物なら楽天市場

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。