2009年06月21日

『今日からすぐに実践できる 精神科医の栄養療法――メンタルケアのための栄養レッスン』佐藤安紀子

 先頃亡くなられたカナダの医師、エイブラム・ホッファー博士(1917−2009)の名を知る人はあまりいないだろう。「分子整合(精神)医学」のパイオニアとして、その世界では非常に著名な医学者である。
 「分子整合(精神)医学」とは、「栄養」が分子レベルで脳(生体機能)にどのように作用しているかを研究する学問であり、その理論と知見をもとに「栄養療法」を実践している。驚いたことに、重い精神疾患に対しても、高い効果を発揮しているというのである。
 “驚いたことに”と云ったのは、「精神疾患」と「栄養」がどんなふうに結びつくのかがイメージできなかったからである。抗精神薬は分子レベルで脳に作用するため精神に何らかの効果をもたらす。「栄養」も当然ながら、分子レベルで脳に何らかの効果をもたらすはずだ。ホッファー博士らはそれまでの臨床観察から、ビタミンB3(ナイアシン)を統合失調症患者に処方しはじめ、効果の有用性を明らかにした。
 栄養は心の病にも影響するというのだ。しかも薬物療法にくらべ、より自然でゆるやかに作用するのである。

 こうした観点に立って、実際に精神科臨床に栄養療法を取り入れている医師の手になる入門編とも云うべき本が出版された。佐藤安紀子『精神科医の栄養療法』(BABジャパン)である。
 精神疾患の患者のなかには、栄養障害が進行している人が結構いるようで、そういう人たちは必ず血糖の調節障害が伴っているという。したがって先ずは血糖の調節を正常範囲に戻し、そこから栄養療法を開始し、徐々に薬の量を減らしていき、症状を軽くあるいは病状の改善をはかっている。本書では多くの治療ケースも紹介されている。
 ここでの栄養療法は、砂糖を極力控えること、そして良質なタンパク質を栄養の基礎としてとらえることが胆である。この点に関しての理由は、本書でやさしく説明されている。

 分子整合医学というと難解なイメージが付きまとうが、本書はさにあらず。かなり分かりやすく解説している。もちろん、対象は精神疾患に限らない。誰もが実践でき、持続可能なより良い生活習慣のために開かれている。外食やコンビニ食の場合にも使える栄養療法的“食のアドバイス”もあり、なおかつ今すぐ実践できる栄養療法の「基本&簡単レシピ」も紹介されている(じつは蛇崩もレシピ製作に関わっている)。

 現代人は「糖質依存症」だと著者は言う。これまでの間違った食事療法を続けていては、負のスパイラルに落ち込み、より糖質への依存度が増してしまうだろう。あるいは過度にバランスを欠いた食生活になってしまうだろう。
 そこから抜け出す方法がここにあった。



【今回紹介した本】
『今日からすぐに実践できる 精神科医の栄養療法――メンタルケアのための栄養レッスン』佐藤安紀子 監修・溝口徹
BABジャパン
2009年5月20日 初版第1刷発行
¥1,400+税

【著者資料】
さとう・あきこ
精神科医。1992年、防衛医科大学校卒業。防衛医大病院、自衛隊中央病院精神科にて勤務後、「ストレス緩和ルーム」主宰を経て、新宿溝口クリニックにて診療を行なっている。
posted by 蛇崩緑堂 at 15:14| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
ないものはない!お買い物なら楽天市場

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。