2009年12月14日

『日本人の知らない日本語』蛇蔵&海野凪子

 学生時代、プラトンの研究者である西洋古典学の教授が、照れくさそうに私たち学生に話してくれたことがあった。彼女は念願かなって、プラトンの故郷であるギリシアに旅したときの出来事である。
 当地の人々に話しかけてみるのだが、みんな怪訝な顔をして、彼女のもとから足早に去っていったという。ギリシア語には自信のあった教授にしてみれば、いたく落ち込んだそうである。あるギリシア人の紳士に出会った時のこと、彼が丁寧に指摘してくれた。
 「あなたのギリシア語は、もはや古典語なので、今のギリシア人には通じませんよ」
 プラトンの研究者は古代ギリシア語を学んでいたため、現代人には通用しなかったのである。さしずめ、『源氏物語』の外国人研究者が、日本の古語を使って私たちに話してきたらどうでしょう? しかも流暢に。恐らく面喰って、何事もなかったようにその場を立ち去ることでしょう。
 教授は決まりが悪そうに、しかしニコニコしながらこのエピソードを語ってくれた。

 蛇蔵&海野凪子著の『日本人の知らない日本語』(メディアファクトリー)には、そんな異文化の話が盛りだくさん。海外から日本語を勉強しに来た人たちが繰り広げる爆笑のエピソードばかりだ。一所懸命に学んでいるから、本人たちにとっては大真面目なのだが。
 お国に帰ればシャトーに住む本物の上品なフランス人マダムは、任侠映画マニアのためか、「おひかえなすって! 私マリーと申します」と真顔で自己紹介。「私のこと姐さんと呼んで下さい」と言えば、他の外国人生徒に「てめぇ、シカトすんな」(ねぇ、聞いてる?程度の気持ちで)とも言う始末。普通の日本語とヤクザ言葉の使い分けなんて、そもそも無理というものなのでしょう。ここにスウェーデンから来た黒澤映画マニアの若い女性が、マリーさんの入学を聞きつけて意気投合。武士言葉をヤクザ言葉の織りなす、恐ろしい日本語が展開されるのである。

 言葉を学ぶということは、その国の文化を学ぶということでもある。この本を読んでいて、なるほどと思うこともしばしばだ。
返された答案用紙を愕然として眺めていた生徒、そこには“○”ばかり。正解に“✔”をつける国の方が多いとのこと。確かに機内での入国票には、チェックを入れることになっている。あるいはゲーム機のコントローラ。日本では「○」を押すと「決定」、「×」を押すと「キャンセル」を意味するが、アメリカ版は逆だという。まさに、ところ変われば、といったところである。

 最後に、凪子先生は海外の日本語教科書を手にして驚いたそうである。
  「素敵なお召物ですね」
  「いえ、こんなのはぼろでございます」


【今回紹介した本】
『日本人の知らない日本語』蛇蔵&海野凪子
メディアファクトリー
2009年2月20日 初版第1刷発行
2009年7月17日 第10刷発行
¥880(税別)

【著者資料】うみの・なぎこ(原案)
日本語教師、日本語教師養成講座講師。

へびぞう(構成・漫画)
イラストレーター兼コピーライター。
posted by 蛇崩緑堂 at 12:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほほー、今年出た新刊本じゃないですか!

結構、売れてるそうですね。たしかに言葉は文化…NHK教育の語学番組は、割とイケてるんじゃないでしょうか?

今日は、本屋でレヴィ・ストロースの本を買おうか迷いました。(追悼コーナーがあったので…)
Posted by コーマ at 2009年12月15日 20:15
レヴィ=ストロースも長生きしましたね。
本棚にも何冊かあります。
埃をかぶっていますが。
まとめて読むいい機会かも知れませんね。
Posted by 蛇崩 at 2009年12月15日 22:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
リンク集
ないものはない!お買い物なら楽天市場
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。