2010年02月14日

『文科系のための暦読本』上田雄

 旧暦で日々を感じてみると、自然というものをよく見るようになる。
 節句や季節の行事が、年ごとにずれはあるものの、時節の雰囲気が味わえる。
 2月14日(2010年)は、聖バレンタインの日であるが、旧暦の1月1日でもある。そう、正月なのである。ここで旧暦と言っているのは太陰太陽暦、つまり月の満ち欠けを基準に一年を決め、太陽の動きに合わせて調整する暦である。太陰暦と太陽暦の調和暦である。
太陽暦(グレゴリオ暦)では1年は365日、4年に一度を閏年として366日とする。対する旧暦は、月の満ち欠けが29.53日のため、大(30日)・小(29日)の月を交互に並べれば1年が約354日となる。このままでは実際の季節から11日が短くなり、3年もたてば1カ月以上もずれてしまう。月の満ち欠けで「日」を知ることができても、農作業などには暦が役に立たない。そこで実際の季節に合わせるために33〜4カ月に一度の割合で、閏月を当てて調整するのである。
毎年の月の大小が変わるし、閏月も入れなくてはならない。暦と実際の季節にずれが生じるため、太陽の位置を示す二十四節季なども併用する。太陽暦に慣れている私たちにとっては不合理な暦なのだが、これがなかなか面白い。
2010年の桃の節句(旧暦3月3日)は4月16日(昨年は3月29日)、端午の節句(旧暦5月5日)は6月16日(昨年は5月28日)となる。桃の花は、種類によって違うが、3月中旬から咲きだし4月中旬までが見頃である。仲秋の名月(旧暦8月15日)は9月22日(昨年は10月3日[閏5月が入ったためずれが生じる])となる。
蛇崩などは、年中行事などの味わい方や、自然への眼差しにも以前とは違った微妙な変化を感じるのである。
あるいは歴史的な事柄にも興味がわく。
忠臣蔵の討ち入りは元禄15年12月14日。現行の太陽暦では1月30日、さぞ寒かったであろう。あるいは、「願はくは花の下にて春死なんその如月の望月のころ」と詠んでいた西行は、文治6年2月16日に亡くなっている。太陽暦では3月30日、桜の花を愛でたかも知れない。実際の出来事への認識も変わるというものだ。
上田雄『文科系のための暦読本』(彩流社)は暦に関する読み物。暦に関するあれこれが、読みやすく紹介されている。特に蛇崩れにとっては、西洋歴の話題が興味深かった。October(oct=8)が、なぜ10月なのか? 長らくの疑問が氷解した。理由は本書に書かれている。ぜひ読んで戴きたい。蛇崩の大雑把な説明も吹き飛んでしまう。

今年の七草の節句(旧暦正月7日)は、2月20日。草草も育っていることであろう。


【今回紹介した本】
『文科系のための暦読本』上田雄
彩流社
2009年2月20日 初版第1刷
¥1,600+税

【著者資料】
上田雄(うえだ・たけし)
1931年、神戸市生まれ。
神戸大学文理学部文科(国史)卒業。
著書に『渤海国の謎』(講談社現代新書)などがある。

監修者=石原幸男(いしはら・ゆきお)
1951年、神戸市生まれ。
高知大学理学専攻科修了。
posted by 蛇崩緑堂 at 13:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141101017

この記事へのトラックバック
リンク集
ないものはない!お買い物なら楽天市場
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。