2010年08月31日

『日本を決定した百年 附・思出す侭』吉田茂

 しかし日本はどうなってしまったのだろう。政権はコロコロと代わり、重要な法案も通らず、時の政府はすべて有言不実行だった。そしてリーダーシップが皆無であった人が責任を取って辞任したと思ったら、またぞろ表舞台にしゃしゃり出て、公然と力を発揮しようとしている。彼は、総理経験者が隠然と力を振るうことは好ましくない、そう言ったはずだった。
 お蔭で日本は大きく揺れ、その余波をもろに被ったのは、生活者である。停滞が長引くほど、毒が体中に行き渡る。じきに取り返しがつかなくなる。

「国会の運営などにおいても利権、政権によって政党が出所進退を二、三にし曖昧にし、主義、政策によらずして政党が動き政権を目指して離合集散すれば、自由国家からの尊敬は期待できないのみならず、甚しき軽蔑の念を以て迎えられるだろう。……中略……もし政策によらずしてただ政権のためのみの合同を目指すのだったら、わが国の政治はむしろ自由国家の軽蔑を買うこととなろう。」

「民主政治は自ら持すること高く(ディグニティ)、反対党に対して寛大(マグナニミティ)をもってのぞみ、譲るべきは譲り、責むべきは責め、いわゆるその争や君子なりであることが、その理想でなければならぬ。逆に自己を責むることに寛大で、他党に対しては苛酷なるにおいては、民主政治の円満なる運用は期し難い。」

「要するに政治の運用は人にある。政治を統率する政治家が常に国家の重きに任じ公平に処理することが政治の要諦であると考える。指導者が私心をさしはさみ、政権にのみ執着し、強固な意思方針なく朝夕政策動揺して国民の信頼感を失わしめつつある如き場合は円満なる民主政治の運用は期し難いのである。」

 吉田茂『日本を決定した百年 附・思出す侭』(中公文庫)にこうある。
 その他、外交、防衛、経済、財政などに関する記述は、驚くほど現在の日本にも通用するのみならず、指針を与えるものとなっている。社会的・政治的な背景の異同もさることながら、何やらこの辺に日本人の変わらなさ(どうしようもなさ)があるのかも知れない。
上の言葉は、まさに今の状況を批判しているようだ。

 「日本を決定した百年」は、エンサイクロペディア・ブリタニカの百科事典付録の補遺年鑑の巻頭論文として執筆されたもの。それを日本経済新聞社から刊行するにあたり、編集部が付録として「外国人が見た近代日本」を加えた。文庫化に際しては、さらに『時事新報』連載の「思出す侭」を合わせた。
 吉田茂の肉声が聞こえる。


【今回紹介した本】
『日本を決定した百年 附・思出す侭』吉田茂
中公文庫
1999年12月18日 初版発行
2007年7月30日 再販発行
¥743+税

【著者資料】
吉田茂(よしだ・しげる)
明治11(1878)年、東京生まれ。
39年、東京帝国大学法科を卒業、外務省に入省。
天津・奉天の総領事、昭和3年田中内閣の外務次官、駐伊・駐英大使などを歴任し、14年退官。
戦後、東久邇・幣原内閣の外相。21年自由党総裁となり第一次吉田内閣を組閣、日本国憲法制定、第二次農地改革にあたる。片山・芦田内閣のあと、23年から29年まで第二〜第五次の内閣を組閣。その間、サンフランシスコ講和会議に出席し、対日平和条約・日米安保条約に調印する。
42(1967)年没、国葬。
posted by 蛇崩緑堂 at 11:18| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
吉田茂のような指導者が、今、必要な時代ですね。…いまの永田町は小学校の学級崩壊に等しいんじゃないでしょうか(笑)
Posted by kouma at 2010年09月11日 08:20
仰るとおりです。
現実主義者である吉田茂は不幸にも、世論逆行、反動政治家、米帝追従の売国奴というレッテルを貼られてしまいました。
そのイメージが今でも付いて回っています。
捉え直しの必要がありますね。
Posted by 蛇崩 at 2010年09月12日 13:12
吉田茂観の捉えなおしに同感ですね、とにかく資源僅少島国国家は海外貿易なくして生きられませんから・・・
Posted by くらお at 2010年11月20日 10:19
中露北、こんなとき吉田茂ならどう対処したでしょうね。
Posted by 蛇崩 at 2010年11月25日 15:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
リンク集
ないものはない!お買い物なら楽天市場
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。