2012年12月14日

『回想十年』吉田茂

 “烏合の衆”とはよく言ったものだ。
 自由民主党の左派から、民政党から、新党友愛から、民主改革連合から、松下政経塾から、そして自民党で公認を得られなかったから鞍替えして出馬、合流。まさに烏合の衆であった。

 新自由主義の模索と言いながら、消費税増税へ。政治主導と言いながら、官僚主導へ(シロアリ官僚に復興費は喰い尽されようとしている)。リベラルだったはずの対米政策も、鳩山の失敗で委縮し、集団的自衛権を容認する方向へと舵がとられつつある。オスプレイ容認もこれが遠因である。
 結局のところ。政策の思想、この基軸をまとめることが出来なかったことが、民主党の3年間であった。失政である。

 民主党は分裂したが、出て行った者もまたぞろ鞍替えを重ね、維新や未来なら勝ち目があるとばかり厚顔無恥ぶり甚だしい。最後まで烏合の衆ぶりを発揮している。
維新、未来もまた然りである。
 これでは小さくまとまった小粒揃い。“太い”奴は出てこないものか。

響く言葉がいくつかある。
肝に銘じたい。

「権勢の所在を目ざとく察知するとともに、これに接近を図り、阿諛(あゆ)し追従し、さらにこれを利用して自己の地歩を築いてゆく、政治家として最も歩み易い安易な道であるかもしれぬが、同時に辿ってはならぬ道でもあるのである。
 ここで権勢というのは、必ずしも占領軍とか、大臣の地位とか、あるいは武力とかいったものだけではない。いわゆる世論とか、労働組合とか、また時代の風潮とかが、目に見えぬ圧力となる場合がある。そうしたものを自己の背景とし、あるいは手段として、地歩の向上を図ろうとするなどは、政治家として最も唾棄すべきものである。いわんや何等主義主張なく。ただ金力をもって人を集め、集めてもって勢力とし、また金を集めるそのボス的な存在は、市井浮浪の輩の類であって、政界に共に處すべからざるものである。かかる存在のある限り、政界の浄化は望み難く、これは明らかに政党政治、民主政治の癌といわねばならない。」[()内のよみは原本においてはルビ]

「民主政治は多数の政治である。一度党首や首班が多数投票で決定した以上は、党員たるものは、従来の行掛りにこだわることなく、虚心坦懐にその党首または首班の指示に従い、これを助けて、政治の運営を全からしむる決心、覚悟がなくては、真の民主政治家とはいえない。国家全局の利害を忘れ、各派各様の利害を以て動く間は、立派な民主政治の実現は覚束ないのである。」

外交に関してはこうである。

「外交は小手先の芸でもなければ、権謀術数でもない。国力を土台として細心の経営、不断の努力を以て、国運を開く外に正しい外交の道はない。小手先の芸や権謀術数によって国の利益を図ることは、一時は成功するやに思われても、長い目で見れば、その間おのずから失うところが、得るところ相殺し、却って長く不信の念を残すに至るもので、その事例は殊に近代の歴史に少くない。むしろ大局に着眼して、人類の平和、自由、繁栄に貢献するの覚悟を以て、主張すべきは主張し、妥協すべきは妥協する。そして列国の間に相互的信頼と理解とを深めてゆかねばならぬ。いささかも面従後言の挙に出て、信を外に失うべきではない。これが真の意味の外交である。」

「徒らに目先きの国際情勢の変転に一喜一憂して、国の外交を二、三にするのは、愚かなことである。正をとって動かざる大丈夫の態度こそ、外交を行うものの堅持すべきところであろう。」

そして我々国民にも言えることがある、

「こんな時にこそ国民性が顕われるもので、平素とかく大人ぶったり、知ったかぶりするくせに、いうべき時にいうべきことを言わず、しかして事後において、弁解がましきことを言い、不賛成であったとか、自分の意見は別にあったなどいう者が多い。」

そして、エドワード・ハウス大佐(米 1858〜1938)の言葉として。
「“ディプロマティック・センス”のない国民は、必ず凋落する」


【今回紹介した本】
『回想十年』吉田茂
新潮社
第1巻 昭和32年7月10日発行
第2巻 昭和32年9月10日発行
第3巻 昭和32年10月30日発行
第4巻 昭和33年3月15日発行
各¥340(当時)

【著者資料】
吉田茂(よしだ・しげる)
明治11(1878)年、東京生まれ。
39年、東京帝国大学法科を卒業、外務省に入省。
天津・奉天の総領事、昭和3年田中内閣の外務次官、駐伊・駐英大使などを歴任し、14年退官。
戦後、東久邇・幣原内閣の外相。21年自由党総裁となり第一次吉田内閣を組閣、日本国憲法制定、第二次農地改革にあたる。片山・芦田内閣のあと、23年から29年まで第二〜第五次の内閣を組閣。その間、サンフランシスコ講和会議に出席し、対日平和条約・日米安保条約に調印する。
42(1967)年没、国葬。

posted by 蛇崩緑堂 at 11:27| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 久しぶりの更新を拝見。時宜に適ったテーマに、吉田茂が生きていれば、現在の状況をどのように見るか、しばし瞑目。
 それにしても、「カネと政治」で選挙制度を変え、政党助成金まで国税から支出するようにしたのに、助成金目当てで離合集散、選挙が終われば「ハイ、それまでよ」とは。
Posted by 平河町の住人 at 2012年12月28日 12:35
 久しぶりの更新を拝見。時宜に適ったテーマに、吉田茂が生きていれば、現在の状況をどのように見るか、しばし瞑目。
 それにしても、「カネと政治」で選挙制度を変え、政党助成金まで国税から支出するようにしたのに、助成金目当てで離合集散、選挙が終われば「ハイ、それまでよ」とは。
Posted by 平河町の住人 at 2012年12月28日 12:36
いやはや何とも、この世の中は。

童謡「うさぎ」

 株価 株価
  なに見て はねる
 安倍さんの発言
  見て はねる
Posted by 蛇崩 at 2012年12月29日 10:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
リンク集
ないものはない!お買い物なら楽天市場
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。