2008年12月18日

『無門関』無門慧開

 幡が風にたなびいている。二人の僧がこれを見て言い争っていた。
 「これは、幡が動いているのだ」
 「いいや、風が動いているのだ」
 そこへ通りかかった六祖慧能(えのう)が、
 「幡が動くのでも、風が動くのでもない。あなた方の心が動くのだ」といった。
 二人は恐れ入ったという。

 学生時代の友人とこのテーマについて議論したことがあった。勿論、結論など出るはずもない。二人の僧の意見も、また六祖慧能の教えも、いずれも自己の解釈にすぎない。真実はその先にある。これが当座の解答であった。むろん、これも自己の解釈である。

 幼少の頃に寺町で育ち、墓所を遊び場にしていた蛇崩は、寺が好きである。あの何ともいえぬ静けさを好む。何しろ三十三の禅寺が立ち並ぶ街。かくれんぼをするにも気合が入った。オニになったら夕暮れまで捜し続けなくてはならない。もっとも隠れる方も気が気ではない。何かの気配を感じながら、ゾクゾクしながら隠れ続けるのだ。ともに、必死なのは当然である。悪い奴らは示し合わせて、途中で帰ってしまうこともあった。オニがたったひとりで、いるはずもない仲間を探し続けるのだからたまったものではない。
 それにしても、禅寺特有の簡素で力強い佇まいには、今も心惹かれる。

 古人の古則話頭(こそくわとう)を鏡として、弟子たちを悟りへと導く指導方法を「看話禅」(かんなぜん)というが、『無門関』(岩波文庫)(西村恵信・訳注)もそのうちの有名な一巻である。無門慧開(むもん・えかい)[1183〜1260]が、参禅者に対して古則話頭を示して指導した、その時々のメモをまとめたものである。
 先の幡の話「非幡非風」についても紹介されているが、無門はこれに意見を付け加えている。
 「是れ風の動くにあらず、是れ幡の動くにあらず、是れ心の動くにあらず。甚(いず)れの処にか祖師を見ん」
 風でも幡でも、ましてや心でもない。何処に六祖の言い分を見るべきか?というのである。答えは、あなた方に開かれている。

 禅の公案や問答は難解である以上に、意味そのものをひっくり返してしまう。時としてナンセンスなこともある。
真理を記述するために論理を解体しつつも、再び論理に戻るさまは哲学的議論にも似ていよう。言語によって分節化することで、独立した事物の集合体として現れるこの世界にあって、分節化以前の、つまり記号の網に覆い尽くされる前の姿に接するためには、わたしたちはどうすべきであろうか?
 ハイデガーのいう、「存在」と「存在者」の関係と同じである。わたしたちは「存在者」を「実在」と見誤り、「存在」そのものを喪失しているというのである。
 では、どうすべきか?
 言語の使用を全面的に停止るのか?
 そうではなく、逆に分節的なこの言語を使って覆いを剥ぎとり、非分節の姿に立ち帰らせる。そのために、有意味な記号を記号によって無化し、意味をずらせ宙に浮かせるのである。ハイデガーの用語に「Entwurf」という言葉がある。自己の可能性へ向けて開かれてある様態を示す言葉で、ふつう「投企」と訳す。ところが、文脈によっては意味をずらし「企投」「企図」「脱投」といった苦心の訳語に変化することもある。言語によって固定化されることを恐れ、それを回避するために意味をずらしていく。言語体系の中で言語を組み替えていく作業。ある意味でこれが哲学的作業ともいえる。哲学用語が難解であるのはこのためである。ちなみに蛇崩は、この「Entwurf」という言葉が好きである。

 もちろん禅では、記号によって無化したままでは終わらない。再び有意味の次元に戻ってくる。「山」は「山」≠「山」であるが、「山」=「山」なのである。加えて、禅は哲学ではない。あくまでも実践である。

 言語は言語によって解体されるが、言語によって豊かに構築もされる。
 わたしたちは自己の内で完結した対象ではなく、 自己の可能性へ向けて常に開かれてあるのだ。
 そして、言語の覆いを引き剥がすことができるも私たちなのだ。



【今回紹介した本】
『無門関』西村恵信・訳注
岩波文庫
1994年6月16日 第1刷発行
1996年4月5日 第5刷発行
¥520(本体¥505)(当時)


無門関 (岩波文庫)無門関 (岩波文庫)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 無門関 (岩波文庫)
[著者]
[種類] 文庫
[発売日] 1994-06
[出版社] 岩波書店

>>Seesaa ショッピングで買う

posted by 蛇崩緑堂 at 11:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

『終戦日記』大佛次郎

 どんな組織もやがては腐っていく。そうならないために、時々の改革が必要となる。改革は苦痛を伴う。だが、この痛みから逃げることは、その先のさらなる痛みへの遭遇を意味する。取り返しのつかない事態に、立ち向かうことができるのだろうか。時に至っては、もう遅いのである。

 大佛次郎『終戦日記』(文春文庫)は、昭和19年9月から翌年10月までの日記である。戦災による人心の荒廃や、軍部や官僚の腐った様子もそこここに見てとれる。
 例えば、
「Kの話、主計をしているから分るが軍人ぐらい金に汚いものはない。それから地位を守る為にさかんにつかいものをしてそれを経理に払わせる。機密費は200ぐらいなので払い切れぬ。すると露骨不機嫌なのである。」(昭和19年10月21日)
「今ちゃん比島行、レイテは天目山とのことにて派遣さられ行って見ると、レイテは一箇月前に駄目になっていた。かかる事情中央では知らず派遣したる也。連絡がなっていないというよりデタラメに戦争しいるなり。」(昭和20年7月29日)
「林房雄の裏に高射砲陣地出来、そこへ砲を運び上げるのに他に地所があるのにとうなすの畑にひき入れ、めちゃくちゃにする。林夫人がなじると、戦争ととうなすとどっちが重要か知っているかという。」(昭和20年8月4日)
「宗源(朝比奈宗源:臨済宗の禅僧――引用者註)、国民を敵襲にさらし自分たちは穴へ隠れる工夫のみしていて何が皇軍かと激しく語る。」(昭和20年8月18日)
「敵占領軍の残虐性については軍人から出ている話が多い。自分らが支那でやって来たことを思い周章しているわけである。日本がこれで亡びないのが不思議である。」(昭和20年8月20日)

 戦争に突っ走っていった軍部は、すでに腐った組織となっていた。軍部に限らず官僚もまた然り。良識ある声は怒号によって掻き消される。感情をコントロールすることはもはや出来なかったようだ。その点、大佛は冷静さを失わなかった。それが『終戦日記』である。

 ところで、終戦記念日が近づくと戦争を題材にした番組が多くなる。もともと日本が仕掛けた戦争であるにも拘わらず、その原因には目をつぶり、戦争被害による悲惨さをクローズアップしてみせる。戦争は悲惨である、戦争はいけないと強調するのである。
どんな被害を受け、どんなひどい目に遭ったのかを知ることは大切であろう。
だが、どんな被害を彼の地でもたらし、どんなひどい目に遭わせたのかを、多くは語ろうとしない。

 何をされたか、それ以上に何をしてきたのか、語るべきである。
 それでこそ、平和を愛すると云えるのである。




【今回紹介した本】
『終戦日記』大佛次郎
文春文庫
2007年7月10日 第1刷
¥943(+税)
※単行本『大佛次郎 敗戦日記』(1995年4月、草思社刊)を増補改題。

【著者資料】
大佛次郎(おさらぎ・じろう)
明治30(1897)年、横浜市生まれ。
本名・野尻清彦。長兄は英文学者の野尻抱影。
「鞍馬天狗」シリーズをはじめ、『赤穂浪士』『パリ燃ゆ』など、時代小説やノンフィクションと幅広く作品を手がけた。
昭和48(1973)年逝去。
posted by 蛇崩緑堂 at 14:19| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

『方丈記』鴨長明

 「ゆく河の流れは……」このあまりにも有名な書き出しを思うとき、あたかも対句のように、いつも心に浮かぶ文言がある。
 「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。……」
そう、平家物語である。そしていつも感じることは「盛者必衰」という思想だ。

 会社勤めを脱して十数年、仕事を通じていろいろな企業とかかわりをもってきた。残念ながら、「おごれるもの久しからず」とは、真実であるように思う。これは単に「無常」というよりも、人が組織を腐らせ、また組織が人を腐らせもするということだ。数々の場所で実感したことである。

 ところで、長明の生きた時代は戦乱や天変地異により、大きく世が乱れた時世だった。彼の隠遁は厭世による。
不思議なことに、中国の隠者は深山への隠遁という現実はほぼない。深山への逃避は、日本だけである。
 伝来した仏教では、すべてが否応なく滅びること(流転無常)を説きながら、人間の救いを一方で解く。ところがこの解脱哲学は、難解な仏典解釈のため理解できる人はあまり存在しなかったのかも知れない。
 そこに登場したのが「老荘=道家思想」である。煩わしいこの世をあっさり捨てて、静かなる自然の世界に赴く。このわかりやすさがタイミングを得て浸透する。いつしか、仙人も隠者も逸民も同一視され、隠遁者とは山深い地にひっそり棲み、ある種の超越した境地にいるものだというイメージが形成された。
 仏教と道教の相乗効果は、「無常」と「厭世」を醸し出す。深山において仏に近づこうとするのである。

 隠者は山を下りなかった。
 仏徒は下りて布教した。
 ツァラトゥーストラは下りて語り始めた。
 問われるのは「行動」の意味である。



【今回紹介した本】
鴨長明『新訂 方丈記』市古貞次 校註
岩波文庫
1989年5月16日 第1刷発行
1991年9月12日 第6刷発行
¥310(税込み)(当時)
posted by 蛇崩緑堂 at 11:33| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
ないものはない!お買い物なら楽天市場

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。